去年、熊本の『みずあかり』というイベントに行きました。

竹で作られてさまざまな形の灯篭にあかりが灯されて、遠くにはライトアップされた熊本城が浮かび上がり、幻想的。お堀の周りにも浮き灯籠が浮かべられていて、水面に映えて、キレイなんです。

気に入ったので、今年も行ってきました。

竹の筒を立てた高い灯篭もあるかと思えば、横半分に割って、寝かせた状態で使ったあかりもあって、変化がつけられています。なので、夢中になって写真を撮っていると、足元の低いあかりを蹴っ飛ばしそうになるんですよ。注意、注意。

熊本の居酒屋にでも寄って、ゆっくりしたかったけど、その日は熊本泊まりじゃなかったので、「あ、もうこんな時間! 電車に乗らないと、」とバタバタしてしまいました。夜のあかりは、時間の感覚を忘れさせてくれますね。

今度は熊本で泊まるそー。そして、熊本の居酒屋も楽しむぞー。

あと、今回の心残りは、お土産で買うかどうか迷った栗のジャムを、けっきょく買って帰らなかったこと。