現在でも主軸はDVDです。
ほとんどの企業がDVDを使っています。
ビデオショップでもブルーレイのビデオよりDVDのビデオの方が数は多いです。
ビデオテープはほとんど見なくなりましたけどね。
最近はDVDかブルーレイです。
ブルーレイも増えてきましたが、DVDの方がまだ多いです。
DVDと同様にブルーレイも品質が第一です。
品質が大事といっても価格を疎かにしてはいけませんけどね。
品質の良いブルーレイを作成してもらったとしても価格が高かったらダメです。
価格が高いと困ります。

DVDとブルーレイの品質を見たらブルーレイの方が上です。
ブルーレイの品質が高いですからDVDよりブルーレイを作成する企業は増えています。
品質の高さは魅力ですからね。
ブルーレイはDVD機器で見る事はできません。
ブルーレイはブルーレイ機器でないとみられません。
見る事もできないですし撮る事もできません。
ブルーレイの人気は高まっています。
ブルーレイはDVDの後継機器ですからね。
DVDの後はブルーレイです。
今後はブルーレイの作成がDVDの作成を上回ってくることになるでしょうね。

ブルーレイはまだDVDを超える事は出来ていないですが、近い将来、DVDに代わってデータ媒体の主軸になるでしょうね。