歯並びがよくないとホワイトニングは無理?

「歯医者=虫歯治療を行うところ」というのは、一昔前の話です。
もちろん、虫歯治療は大きな課題です。
それを目的として、歯医者通いする人も多いのではないでしょうか。
悪い歯を放置しておくと、肩こりなどに誘発されて歯が痛むことも少なくありません。
そうならないためには早期発見・治療、さらには、虫歯予防に心掛けたいものです。
虫歯があると、治療が終わるまではホワイトニングができないといわれています。
ただし、歯科医師によっても方針が異なるため、ホワイトニングを希望する人は、その確認も含めて歯医者へ照会してはいかがでしょうか。
また、歯並びがよくない場合、ホワイトニングができるかどうかも知りたいところです。
こちらについても、いろいろな考え方が見て取れます。
歯並びがよくないと、ホワイトニングの薬剤が均等に行き渡らないとの説があります。
しかし、ホームホワイトニングをするときは、歯に合わせてマウスピースをつくるため、そういった課題は克服できるようです。
このように、ホワイトニングに関する意見は、いろいろなものが存在します。
そのため、施術に当たっては、いろいろな角度から情報することをおすすめします。
なお、ホームホワイトニングには、歯医者の指導が不可欠です。