民間の整備工場での車検

民間の整備工場で、車検をする人も多いですよね。
昔は、だいたいが「○○モータース」とか「〇〇整備」とかの看板が上がっている民間の整備工場で車検をしていました。
親が地元のモータースでやっていたので、私もしばらくは親の紹介で利用させてもらっていました。
しかし、親が年を取ったのと同様にそこの大将も年を取って、車のちょっとした故障が直せなくなってからは、ディーラーやフランチャイズ車検に替えました。
残念なことに私が利用していた整備工場は、後継者がいなかったんですね。
話は民間の整備工場に戻りますが、「運輸局の指定工場」と「運輸局の認証工場」との2種類があるようです。
「指定工場」は、点検から整備、車検まで全てを行うことができます。
一方「認証工場」は、点検と整備までしかできず、ここで整備してもらった車を車検場まで持ち込む必要があります。
民間の自動車整備工場で車検をするメリットは、どんな車種でも対応してくれるところが多く、質の高い整備で価格も比較的安いとなっています。
デメリットは、持ち込み持ち帰りで基本的に土日祝日はお休み、工場によっては設備や整備士の腕にバラツキがあるということです。